2020年11月

1/2ページ

go toトラベルの最大の失敗は政府が推奨しているように見える事

  • 2020.11.24

元々、菅総理が官房長官時代から推進してきたgo toトラベルなので余計これが国是のように映ってしまった面も否めない。また国民の行動として割引が有るものを使わない手はないという心理が働くので使わないという選択肢が限られると思う。また予算が限られているというのも今しか使えないという動機を生じ利用に加熱が生じていたのではないか。

トランプが最後に大博打を打つ可能性、局地的作戦行動の可能性あり

  • 2020.11.17

トランプ大統領は来年1月20日までの任期を最大限生かして最後に大きな仕事をやるかもしれません。何か大きな爪痕を残してバイデン側の行動を制限しようという試みをするかもしれないです。その一つとしてこんな話がリークされました。 トランプ大統領 イラン核施設への攻撃要求か 副大統領らが反対

4年毎に政策が逆転するなら米国とは付き合えない国際社会

  • 2020.11.16

トランプからバイデンに変わってパリ協定やWHOへの復帰を表明しています。しかしまた4年後、大統領が変わってしまったらどうなってしまうのか。こんなコロコロ変わってしまっては国際社会も米国をどう扱ってよいか分からないでしょう。もちろんどの国だった政権が変わったらどうなるかなんて分かりませんが。

米大統領選の結果はバイデンになったけど投票数は米国を二分

  • 2020.11.11

米大統領選は史上最高の投票数を記録しトランプは7100万票、バイデンは7500万票となった。この拮抗した投票結果にはバイデン政権になったとしても政策に影響を与えるでしょう。民主主義では1票でも多い方の意見が選択されるシステムですが、それで纏まるとはとても思えません。