コロナとインフルのワクチンを両方したらどうなるのか

コロナとインフルのワクチンを両方したらどうなるのか

コロナのワクチンが期待されていますが、冬はインフルも心配です。インフルはワクチンを打つ人も多いと思いますが、コロナのワクチンが出来たら両方打たないとなりません。しかし、コロナのワクチンはそれ自体の安全性が確立してもインフルのワクチンと同時使用の検証まではされていないでしょう。一体どうすれば良いのでしょうか。

新型コロナとインフルの両方の検査を推奨 感染症学会が今冬の同時流行を予想

提言は新型コロナとインフルエンザの相違点を学会見解としてまとめている。潜伏期間は、新型コロナは1~14日(平均5.6日)、インフルエンザは1~2日。ウイルスの排出ピークは、それぞれ発病1日前、発病後2~3日後。また感染拡大の大きな要因とされている無症状感染については、新型コロナの無症状の率は各種報告を基に幅を持たせて数%~60%とし、無症状患者でもウイルス量は多く感染力は強いとした。インフルエンザは10%で、患者のウイルス量は少ない、などと記載している。

この中では両方検査しないと見逃してしまう危険性を述べています。しかし、両方いっぺんには罹らないという見方もあります。取り敢えずはインフルのワクチンをしておけば、症状が出たときコロナの確率が高いとは言えそうです。

また、インフルエンザに罹る事でコロナに罹らなくなるエビデンスがあるかも興味深いところです。そうすればインフルエンザが究極のコロナ予防法になる??

今年はコロナが流行ったからインフルエンザが過去最低という話も有りました。この辺も正確な報告が待たれる所です。

インフルエンザに罹るかコロナに罹るかも究極な選択になりそうですが。無症状が多いならコロナの方が歓迎でしょう若者は。インフルエンザも中々きついですからね。しかしそれでコロナが蔓延してしまうのも困りもの。

でもインフルエンザが流行っても高齢者は相当重症者や亡くなる人が出るとは思いますが、インフルの場合は可視化されるから、予防が出来ます。

コロナの厄介な所は無症状者が活動してクラスター発生で流行を広めてしまう所です。しかしその実態も良く分かっていません。

兎に角、この冬は初めてのコロナで迎える未体験ゾーンですから、また色々と医療関係に混乱を齎すと思います。しかしコロナで人類波滅亡する事は無さそうなので、その位の気持ちで望まなければならないかも知れません。