K値、終了のお知らせ。感染予測は何故間違えたのか?

K値、終了のお知らせ。感染予測は何故間違えたのか?

一部界隈で大変支持を得ていて、新型コロナの感染予測にも使えると人気だったK値が危機を迎えている。この所の感染急増に、予測が全く合わない事態に遭遇しているようです。

K値による予測を使うべきでない理由

これまでは行動変容が起こって縮小局面に良く合致していた為、大変重宝してきたが、ここに来て、感染拡大しても政府が全く感染対策を呼び掛けず放置した為、縮小反転が起きず、拡大急増して予測値が全く役に立たなくなってしまっているようです。

これは政府筋でもK値の信奉者がいて、放って置いても縮小反転するから大丈夫と奢った見方をする人が有ったのではないかと見られているようだ。

これまではあくまで、人々が感染対策に努め広げないよう行動したから順次縮小していったのです。所が今回は経済再開局面で人々の接触機会が倍加し、イベント再開、観客入場、大型施設再開と矢継ぎ早に緩和を進める中で、前提条件が次々の変わる中において、K値は意味を為さなくなったのです。

中でも、東京都が行っている検査数の拡大はこれまでの感染者数の質を変える物であり、K値の予測を完全に破壊するものでした。ですから母数である全体の感染者数が全く予測不可能な物になるので東京都のK値予測は不可能と計測を断念していました。

ですからここにあるのは東京都以外の予測値でしたが、他の地域でも夜の街のクラスターが伝播し、集団検査が行われるようになりK値予測は完全に崩壊しました。

折角求められた便利な指標K値でしたが、こうやって間違った使われ方をされて、役に立たない指標とされてしまうのは残念です。

何でも都合よく自分達の行動を正統化する為に科学的裏付けを求めるのは危ない方法です。本来の目的以外の使われ方をされて役に立たないものとされるのは、指標を発見した人の目的とはかけ離れたものであるからです。