2020年10月

2/3ページ

大統領選はどうなる米国の未来の行方

  • 2020.10.13

米国大統領選の行方はどうなるだろうかと気に揉んでいる方も多くいると思いますが、一体どうなる事やら皆目見当もつきません。今判っている事はトランプ氏はすんなり敗北を認めたりしないという事です。もし負けた場合、まず、郵便投票が多い事に難癖をつけ不正投票だと駄々を捏ねます。そしてこの問題は最高裁で争われる事になるでしょう。それでもトランプ氏はホワイトハウスに籠城するかもしれません。

新型コロナは空気感染するか?米CDCの答え「ときどきある」

  • 2020.10.12

以前から新型コロナは空気感染するかという話題にWHOはYESだったが、ついに米CDCも「時々ある」という答えに変更したようだ。これは一度9月18日に「空気感染もありうる」としたが、その直後に「まだ案段階のもの」といったん引っ込めた経緯がある。しかし今回「飛沫感染や接触感染では説明がつかないケースがたくさん報告されている。ようやくCDCも空気感染を認めざるを得なくなった」という事のようです。

EU、ロシアでコロナ再拡大、米国も依然高水準

  • 2020.10.11

世界各地で新型コロナが再拡大をしている。新規感染者数が過去最高を更新している地域も多く、世界的に全然収まらない勢いが続いている。しかし死者数は前回よりずっと低い水準を保っており、そこは安心出来る材料である。この死者数も各地でバラつきがあり、一旦収束が有った地域では死者数が減少しているように見える。

PCR検査の功罪、新型コロナ検査で陽性の信頼性

  • 2020.10.09

この所、また芸能人のコロナ感染が相次いで見つかっている。しかし何れも無症状と言うことです。これは事前の参加者全員のPCR検査などで見つかったものです。 この全員検査というのがPCR検査では結構問題になります。PCR検査ではウイルスが存在するか否かしか検査出来ず、感染しているかまでは判らないからです。

安倍首相の一斉休校の独断から辞任にドミノ

  • 2020.10.07

安倍首相の一斉休校の独断から首相辞任に繋がったという話。安倍首相が決断した一斉休校は大きな批判を呼び、その上効果は殆ど無かったと言われて来ました。その批判の大きさが、3月の欧州からの入国制限の後れに繋がったと言われています。また大きな批判浴びるのではないかという恐れから判断が遅れたのではないかと言われているのです。

トランプのパフォーマンスに終わったコロナ感染劇

  • 2020.10.06

トランプ大統領がコロナ感染の入院後、早くも退院した。入院隔離中の外出パフォーマンスやいち早い退院は恰もトランプ大統領を引き立てる為に演出の様な感じになった。医療関係者は今回の一連の行動に多くの疑念と批判の声を上げている。 トランプ氏、リスク抱え退院強行 選挙活動を優先

今も盛大にだだ漏れ中のドコモ口座、補償すればOK?

  • 2020.10.04

ドコモ口座の報道もすっかり影を潜めましたが、今も盛大にだだ漏れ中のようです。補償するから安心してお使い下さいという事なのかもしれませんが、他人の口座から平気で引かれている?または過去の引き出しが発覚中なのか?は判りませんが、この辺の事情説明も無ければサッパリ判りません。

コロナ感染トランプ大統領の戦略シナリオ

  • 2020.10.03

コロナ感染したトランプ大統領の今後の大統領選はどうなるのか。今後のシナリオを考えてみましょう。まず、世界でも一番感染者が多い米国で感染するのは、珍しい事では無いですから、自らここに飛び込んで、自ら体験した大統領としてアピールするでしょう。