東京の新型コロナ感染者数は低下せず今の数字が定着か

東京の新型コロナ感染者数は低下せず今の数字が定着か

東京都のコロナの新規感染者数が下げ止まっている。8月中は順調に減少していた感染者でしたが9月に入ってずっと横ばいが続いてもう1ヵ月以上が経っています。go toキャンペーンが東京都も参加になり、この程度の感染者数が定着しそうです。

東京都の新規感染、下げ止まり 100~200人台の日多く

このままワクチンが出来るまでこの数字を維持しそうな予感です。これ以上の制限をする予定もないし、go toキャンペーンを始め、経済活動を支援する政策が続きます。このままキャンペーンが続くと感染が拡大に繋がる可能性もあります。

だから、各個人に於いては、より一層の感染対策が必要になっています。特に東京に来る人は注意が必要です。また地方に帰るのですから、地元に感染を広げない事が求められます。

死亡率が低下した今の感染状況なら経済活動の兼ね合いから容認出来ると言うことかも知れませんが、感染者の行動履歴を追跡して、もっと感染源を追求して、何が感染の原因になっているか細かく突き止め、予防に反映して欲しいです。

PCR検査も人だけでなくて、現場から採取してどこにウイルスが存在しているかも検査して貰えれば、どこで警戒すれば良いか分かり易くなると思います。どうやって更に感染者を減らす事が出来るか、新たな智恵が求められています。