世界に誇る日本の医療の実態が世界に晒され恥ずかしい事に

世界に誇る日本の医療の実態が世界に晒され恥ずかしい事に

日本は皆保険で国民の誰もが医療にアクセス出来る事を自慢していた訳ですが、新型コロナでは世界の笑い物になっています。あの米国でさえ低所得層も新型コロナでは無料で治療を受けられますが、日本では新型コロナの患者が米国の1/100位なのに既に医療崩壊に陥っています。

病床の多い日本でなぜ「医療崩壊」が起きるのか

こんなに新型コロナに脆弱な医療では日本はこれからやって行けないでしょう。こういった新型感染症はこれからも登場する可能性が高く医療体制の抜本的見直しが必要になります。リンク先でも言われているように、私立病院では新型コロナの受け入れが少なく、日本では8割は私立病院が占められていると云われています。

また指定感染症を受け入れられる病院そのものが少ないです。それならば通常医療を全て私立病院に担って貰う事が今出来る最善の方法です。私立病院は治療費も割高とか担当医が変わってしまうとか問題はあるでしょうが、そこを国が援助する事は出来るでしょう。

医療界ももうダメだと騒ぐばかりでなく、自分達で出来ることを行って欲しいものです。国は治療費の差額分は負担を請け負い、患者の移動にも積極的に支援をするべきです。公立病院は通常医療は全て私立に任せてコロナに専念すべきです。

取り敢えずそれでも幾らか新型コロナ患者のキャパシティを増やせる筈です。今は非常事態なのですから、その位の事はやって貰わなくてはなりません。

日本は世界に誇れる医療体制というのを散々言い触らして来た訳ですがメッキが剥がれたというか、新型コロナの前には全く歯が立たない事がはっきりしてしまった訳ですが、この実態は世界から見ても恥ずかしい事態です。まるで役に立たない医療体制と言われても仕方ないのでは無いでしょうか。

そもそも医療体制がしっかりしていれば緊急事態宣言も必要なかった筈です。ですから、医療体制の変革は必須なのです。新型コロナの前では日本の病床数は全く意味が無いものとなってしまいました。この日本の医療体制は戦争等の非常事態にも言える事ですから体制の変革は必須のものなのです。