オリンピックかコロナか究極の選択

オリンピックかコロナか究極の選択

コロナの感染が減少していく中で、緊急事態宣言の解除が焦点になっています。政府は解除の方針を決め、今日の分科会で専門家の意見を伺うと言ってます。しかし医療関係からは激しく反対意見が出ています。オリンピックを開催するなら東京の緊急事態宣言解除はあり得ない、ましてや有観客でやるなら尚更という意見が圧倒的です。

東京・大阪など7都道府県「まん延防止等重点措置」移行を了承

これを政府が押し切るのかどうかが今日の焦点です。折しも昨日の東京の感染者は1週間前の感染者を上回って増加になっています。このままでは間違いなく反転増加に転じる事は間違いなく、もしこのまま宣言解除すればオリンピックが始まる頃には再び緊急事態の宣言が必要になり、緊急事態宣言下のオリンピック開催という悪夢が現実化する事になります。

そしてオリンピックで有観客となれば感染増加は更に加速して爆発的増加も危惧されます。どうすればオリンピックで感染を防ぐ事が出来るのか。これはもうオリンピックを盛り上げないように、テレビで放映しない、報道は新聞だけで出来るだけ小さな扱いで最低限の結果を伝えるだけ。オリンピックを話題にする事は極力避ける等の対策が必要です。

一体ここまでしてオリンピックを開催する意味があるのだろうかという位までやって初めて効果がある対策になるでしょう。やはりこの状況でオリンピックを開催すること自体が矛盾しています。しかしやるならこの位の覚悟は必要でしょう。やるにはそれ位の責任は伴います。どうしてもやると言うならそれ位はやらなければなりません。

7月末には高齢者のワクチンが全自治体で終了するようなので、感染者が増えてもこれまでの様に重症者や死者が増えないのかもしれません。しかしそれだけではメリットは高齢者だけで他の年代が犠牲になるという事に国民は納得できるものではないでしょう。

行くも地獄、止まるも地獄とはこの事ではないでしょうか。オリンピックはやってもやらなくても地獄しかないのです。どうせ行くなら地獄の底まで見てやろうという精神のごとく日本はオリンピックに舵を切ってしまったようです。もう後戻りができないオリンピック地獄のコースへ、ユアウェルカム!