ディープフリーザーの故障で1000回分のワクチンが廃棄処分に

ディープフリーザーの故障で1000回分のワクチンが廃棄処分に

機械が故障するのは仕方が無いけど故障を検知できない仕組みは、どうなってんのと率直に思ってします。今はお金では代えられない程の貴重なワクチンなのに、当然想定される事態に備えられない日本はどうしようもない。世界でもこんなニュースは聞いた事ないけど、秘密にしているのか隠しているのか知らないけど、世界の恥である事には代わりはない。

コロナワクチン 1000回分余が使用不可に 保管用冷凍庫が故障で

病院が週末は人がいなくて発見が遅れたと言い訳をしているが故障から5日も経って発見とはお粗末過ぎるでしょう。発見が早ければ、すぐ緊急で近所の人を集めてワクチン接種希望者に打たせる事も出来たはずだ。人がいなくても温度管理でアラート発令とかメールで知らせるとか幾らでも対応は出来るはず。一体全国のワクチン保管はどうなっているのか俄かに不安になって来ます。

まさか冷凍庫任せで放置しているのでしょうか。最低限でも毎日の温度管理は必須でしょう。ワクチンの品質管理を考えたら1時間おきの温度監視も必然と思われます。それが全く出来ていないとしたら国として終わってます。またまた世界にIT後進国である事を、ていうか危機管理が全くできていない平和ボケ日本人を世界に晒してしまいました。河野大臣はそんな事も指示しないで大事なワクチンを各病院に保管を丸投げしたのでしょうか?該当病院には1億円位の賠償責任を求めるべきです。

ワクチンについては一から十までどうしようもない状況ですが、最低限の事が出来ていないと思います。契約についてはちゃんと弁護士を付けて望んでいるのでしょうか。当初の6月までの1億2千万人分は一体何だったのでしょうか。見通しの甘さにその能天気ぶりが全開です。これじゃ世界に舐められても仕方ありません。まともな閣僚が日本には存在しないとしか思えません。

後、分からないのは電源が切れてもドライアイスなど保冷剤を一緒に入れておけば二三日はかなりの低温を保持するはずなのに27度にも温度が上昇してしまったのも分かりません。ディープフリーザーには保温機能も備わっていないのか?謎だらけで不思議過ぎます。

超低温の冷凍庫が故障、ワクチン1000回分を廃棄