WHOがPCR検査より抗原検査で感染拡大を防げると推奨

  • 2020.10.16

WHOが新型コロナの検査でPCR検査より迅速な検査ができる抗原検査で感染拡大が抑えられると発言した。これには高価で研究所などが必要になるPCR検査が途上国では受けられない現状を反映していると見られている。しかし安く手軽に素早く検査結果が出る抗原検査は検査数と感染を防ぐためにも重要とWHOは述べています。

東京都感染者減らず微増状態で再拡大警戒必要にgo toは要注意

  • 2020.10.16

東京都の新型コロナの感染者数が下げ止まって増えて来ているようです。経済活動が徐々に戻りつつある中で感染者も増えていくようです。特にgo toトラベルは東京都も参加することになって東京からの移動、東京への移動も増えているので感染の再拡大が要警戒です。 新型コロナ 東京の警戒レベル維持も「再拡大に警戒必要」

フランスは非常事態宣言でも全面的な制限できず経済止められない苦しい決断

  • 2020.10.16

フランスの感染者急増が止まらない。ついに1日の感染者が3万人超になった。それでも夜間外出禁止はパリなどを始め一部都市圏に限られ、都市間の移動制限も課せられない。昼間は自由行動のままだ。このような現状でも経済を止められないのは、4月からの外出禁止や営業制限で経済がかなり疲弊しており、これ以上の厳しい措置は取れないからだ。

5Gと携帯料金の悩ましい関係

  • 2020.10.14

日本では20GBの料金が世界的にも割高だとして、菅政権が値下げを求めていますが、20GBなんて5Gだったら2~3秒でダウンロード出来てしまうのに、これで料金を下げたって、5Gではどんな料金になってしまうのか?

大統領選はどうなる米国の未来の行方

  • 2020.10.13

米国大統領選の行方はどうなるだろうかと気に揉んでいる方も多くいると思いますが、一体どうなる事やら皆目見当もつきません。今判っている事はトランプ氏はすんなり敗北を認めたりしないという事です。もし負けた場合、まず、郵便投票が多い事に難癖をつけ不正投票だと駄々を捏ねます。そしてこの問題は最高裁で争われる事になるでしょう。それでもトランプ氏はホワイトハウスに籠城するかもしれません。

米国は知性派と反知性派の戦いが繰り広げられている

  • 2020.10.13

トランプ大統領はもちろん反知性派の代表なのですが、どうして米国はこんな事になっているのか。それは今までの歴代大統領が知性派の代表で政治的に正しい選択をして来た結果、国内産業が衰退して、中国の工場化が進んで中国が躍進した。移民が進んで白人の人口比が低下した。こんな事に米国民が耐えきれなくなり、遂に我慢の限界に達した。それがトランプ大統領が選ばれた要因でしょう。

新型コロナは空気感染するか?米CDCの答え「ときどきある」

  • 2020.10.12

以前から新型コロナは空気感染するかという話題にWHOはYESだったが、ついに米CDCも「時々ある」という答えに変更したようだ。これは一度9月18日に「空気感染もありうる」としたが、その直後に「まだ案段階のもの」といったん引っ込めた経緯がある。しかし今回「飛沫感染や接触感染では説明がつかないケースがたくさん報告されている。ようやくCDCも空気感染を認めざるを得なくなった」という事のようです。

EU、ロシアでコロナ再拡大、米国も依然高水準

  • 2020.10.11

世界各地で新型コロナが再拡大をしている。新規感染者数が過去最高を更新している地域も多く、世界的に全然収まらない勢いが続いている。しかし死者数は前回よりずっと低い水準を保っており、そこは安心出来る材料である。この死者数も各地でバラつきがあり、一旦収束が有った地域では死者数が減少しているように見える。

1 2 30