2020年11月

4/4ページ

メディアの後押しで大統領になれたバイデン氏

  • 2020.11.08

メディアが世論調査でバイデンの優勢を伝え、蓋を開けて見れば思ったより接戦で大票田のフロリダを制したトランプ。どちらに転ぶか判らない状況で元々民主党の地盤であったラストベルト地帯のミシガン、ウィスコンシン、ペンシルベニアの州で逆転を収めて、メディアが当選確実を祝福しました。

トランプ善戦だがバイデン王手、残りは郵便投票だからバイデン有利

  • 2020.11.05

予想以上にトランプが追い上げているのでここまでの接戦になっています。伸びしろはトランプの方が大きいですが残っている票は郵便投票なのでバイデン有利です。今トランプ優勢の州もひっくり返す可能性が高いです。バイデンが有利なネバダ州で6票確定すれば270で過半数確定します。しかしネバダ州が発表を中止してしまったので暫く確定が出来ない状況です。

バイデンがリードしつつも伸びしろがなくトランプ有利か

  • 2020.11.04

前回にも増して接戦になっています。バイデンがリードしているように見えますがバイデンが有利な州は後3州しか残っておらず、その州で勝っても過半数の270に届きません。バイデンが勝つには残りのトランプ優勢の州で逆転勝利しなければなりません。つまり予想通り郵便投票の結果待ちに賭けるしか無さそうです。そうなるとトランプが法定闘争に持ち込むのは明らかなので、これはかなり長引く争いになるかもしれません。

バイデンはアメリカを変える事が出来るか、いよいよ投票

  • 2020.11.03

米国大統領選挙の、投票がいよいよ始まる。日本は見守るしか無いので、どちらがなった方が良いか考えてみました。はっきり言ってトランプ政策に飽きてしまったのです。トランプのやり方は余りにも一辺倒で、またその手かと先が読めてしまって頭が悪そうな感じがします。

トランプでもバイデンでもアメリカは変わらない

  • 2020.11.02

大統領選では立場を明確にするため対立を煽る構図になっていますが、どちらが大統領になっても余り変わらないようです。バイデンがなった方がアメリカが良くなるとする論もありますが、バイデン氏でアメリカをまとめられるか不安が残ります。結局、米国白人層のトランプ支持者がバイデンの政策に不満を募らせ、デモや暴動を繰り返す可能性もあります。

1 4