飲み会、会食で感染拡大、東京都は時短要請へ

飲み会、会食で感染拡大、東京都は時短要請へ

飲み会、会食で感染が多いという事です。随分前から言われている事なのに、相も変わらず飲み歩いているなんて信じられません。ずっと感染者が増えている状況なのに、どうして飲みに行けるのか分かりません。

東京都 飲食店などに営業時間の短縮要請へ 協力金支給の方針

複数の人間と飲んだり食べたりすれば、話したり、笑ったりして飛沫も飛ぶ、マスクも出来ないから、とても感染リスクが高いのです。そんな事は小学生でも分かりそうですが、案外当事者は分からない。

だから、結局休業要請を出さなければならなくなる。今回休業要請まで行かないが、時短要請でどこまで効果があるか。それで飲みに行く人が減るなら効果はあるだろうがどこまで有効か分からない。

基本、夜の飲み会だけでなく、外食で人と話すのはダメという事です。食事はマスクを外す必要があるので論外です。食事だけでなくカフェで人と話すのも無理です。結局は同じ事ですから。特に食事はテーブルに置かれるので飛沫に暴露されるので極めて危険です。

コロナがいる限り外食は不可能です。可能なのは個食だけです。後はテイクアウトと割り切りましょう。これが新しい生活様式です。新しい日常です。もういい加減学んでください。これ以上感染を広げないでください。

ほんの一週間守るだけでも感染者数は劇的に変わるはずです。皆が一斉に行動変容すれば自ら動けないウイルスにはどうにも出来ないことですから。ほんの少しの変化で大きな影響を及ぼす事が出来るのです。