K値は気圧計であって長期予報には使えない

K値は気圧計であって長期予報には使えない

K値の正しい使い方。K値は気圧計みたいな物であって精々分かるのは明日の天気位で長期予報には使えない物。一時は万物の指標位に持て囃されたK値ですが限界が見えてきた。K値は今流行している収束時期が分かるだけでそれ以上でも以下でもない。

日本人の3割が「コロナ感染」という新説 消える抗体、ワクチン不可能は本当か

つまりK値が外れた場合は何か新しい要因が発生したのでそれが何で有るかは人間が推測しなければならない。今回感染が全国規模で拡大しているのは、新しい波が発生したらしく、それは7月末にピークを迎えるらしい。

しかし、それが過ぎたからといってまた別の波が来るかも知れないので、永遠に予想は不可能だ。これ以上新しい要因が起こらなければ収束に向かうという予測だけだ。

何事も期待し過ぎてはいけないもので、K値に過大の期待を掛けるのは間違いという事です。新しい波は何時どこで発生するか分からないので、感染拡大中は常に感染を広げない為の施策が求められるだろう。

どうやら東京都は都内の飲食店とカラオケ店に夜10時までの時短営業を求めるようです。やっと具体的な施策が始まる事は希望が持てる話です。