抗体が消える、ワクチン不安、有効策は何?

抗体が消える、ワクチン不安、有効策は何?

コロナの抗体が3ヶ月程度で切れるという報道がなされ、ワクチンの効果も期限的と見られている。ではどうして抗体は短期間で消えてしまうのか?一生効果が続く抗体がある一方、短期間で消えてしまう抗体とは何故なのか。

新型コロナ、ワクチンの有効性に不安材料続々 絶望の報告書(NEWS ポストセブン)

これは人間が常にコロナウイルスに曝されており、新型コロナも同じ様に処理されてしまうからではないかという見方がある。人間の抗体が、あぁ、いつものコロナね、いつもの出しておきますと、処方を間違ってしまうのでは。

通常のコロナウイルスは風邪ウイルスの一種なので、わざわざ抗体を作るまでもないと、勝手に身体が軽く考えてしまうという現象が起きていると見られています。

実際、殆どの人にとっては軽症で済むのだが、自然免疫が衰えている、高齢者、基礎疾患がある人では重症化しやすい事が知られています。

だから、この自然免疫を強化する事によって重症化が防げると言うことで、最初注目されたのが、BCGワクチンでした。しかし、高齢者には健康被害があるとも見られていて、それ以外の日本人は殆ど受けているはずです。

だから、日本人は殆どの人が軽症で済むという理論になっています。だから後は重症化する人の予防法だけ確立すればコロナ問題は解決します。

期間が限られるワクチンよりも、この方向で進めて行った方がコロナ問題には人類の為には有用では無いでしょうか。