東京都も一度は感染0に追い込む為に

東京都も一度は感染0に追い込む為に

東京都の新規感染者が中々減りません。最近では夜の街とか若者、新宿がキーワードになっています。一旦は2人まで減ったものの、GW明けと共にまた増加傾向にあります。感染拡大というよりも、接触機会が増えての当然の結果の様な気がします。

東京都 夜の繁華街で感染拡大防止呼びかけ 新型コロナウイルス

現状ではこれが精一杯の対応でしょうか。しかしこのままでは中々減らない様な気もします。やはり罰則等が必要ではないのか。歩きタバコ禁止条例も時代の要請から生まれたものです。

時代が変わってしまったのだから新しい法律も必要です。感染防止対策をしない営業は当然罰則を伴うものにすべきでしょう。取り締まり方法に課題はありますが、先ずは条例を施行する事が大事な気がします。

一旦0にしたからといって北九州市の様にまた感染が広がる事も考えられます。しかし北九州市の場合深追いし過ぎて無症状者も多く捉えてしまっています。

しかし中国でも明かのように無症状者は感染を広げない事が明確になって来ました。怖いのは発症2日前から感染させるという発症前の感染者です。

19日間で武漢全員の990万人検査 陽性は300人

だから東京都も一旦0に出来ればそこからの対策も柔軟性をもって対策が進められると思うのです。それには一度感染が確認されている所を集中的に攻めて潰して行かなければなりません。啓蒙活動も大切ですが飴とムチのムチの部分がないと両輪に欠けると思います。

またはITを駆使して感染者の捕捉に努めるべきでしょう。あらゆる手を使って攻めて行かないとダラダラと感染者が続いていくと思われます。

コロナが試すIT競争力 日本、際立つ出遅れ

東京都は神奈川県や埼玉県と一体の都市化をしているので東京が減らないと神奈川や埼玉が折角減ってきていてもいつ移動で増加するかも分かりません。その意味でも一旦東京を0にする事の意味が大きいのです。小池都知事の本当の実力が試される時です。