政府のGo to with corona キャンペーンの始め方

政府のGo to with corona キャンペーンの始め方

Go to with corona でコロナに常に感染リスクが有っても旅行を推進して移動は自由に行って下さいという政府ですが、どんなもんでしょうか。確かに北海道も沖縄もこれ以上のお客が来ない状態に耐えられない状況になっていると思います。背に腹は代えられないとして東京からの旅行客も待っていると思います。

後はしっかり感染防止して防ぐしかありません。もちろんお客側にも協力してもらって、ここはもう新しい生活様式なのだから、何でも許される訳ではなくルールの中で守って貰うガイドラインが有るはずです。

だからと言って東京が連日100人超の感染者が出ている中で、移動の制限は全く有りませんと言ってしまう西村大臣の鈍感さにも呆れます。確かに政府の方針はそうでしょうが、今この時、少し多いな、と感じる心が有るならば気をつけて欲しいとか、言い方があると思います。

今少し高めですから、少し様子を見ながら移動してください。と言っても良くないですか?そんな杓子定規で決まりだからその通りにやらなくていけない、柔軟性の欠いた規定解釈では人心は動きません。

100人超が多いのか少ないのか分かりませんが、発表側が言ってるように積極的検査で無症状の人も捉えてしまっているから増えているだけで、これまでの数字の延長では無いのかもしれません。

でもその人たちも感染リスクはあるのだから多くても平気とはならないでしょう。この多くいる状態でどういう対策を取るのかを示してくれなければ納得出来ない筈です。そういう国民のケアを疎かにして、イケイケドンドンが通用すると思ったら、とんでも政権です。より慎重で丁寧な政策を期待します。

都外への移動自粛、東京都と政府で説明に食い違い。「結局どっち?」ネットでは混乱の声【新型コロナ】