欧米の感染拡大で抗議デモ広がる

欧米の感染拡大で抗議デモ広がる

基本的にある程度の感染の広がりを容認していた欧米諸国ですが、ここに来ての急激の拡大に恐れをなし再びのロックダウンに踏み切る所が多く出ています。そこに個人の制限に敏感な欧米市民が一斉に反対の声を上げています。

【新型コロナ】仏の第5波「猛烈なスピード」、欧州で抗議活動広がる

基本制限解除して多少広がっても重症者や死者が少ないので放任だった欧米諸国だが、ここに来ての急上昇とワクチンの効果が落ちているのが重なって重症者や死者の数が急上昇する危惧を抱いているようです。ここまでの急拡大をWHOも読めていなかったようで、三回目接種を遅らせるように提言したのに最近欧州がコロナ拡大の震源地になっているとか他人事のように言っているのはいかがなものか。

これでまたWHOは墓穴を掘ったとも言えます。もうどの国もWHOに聞く耳持たないでしょう。基本自由の国なのですからワクチン強制など無理な話です。国がやれることは三回目の接種を速やかに行い、可能な限りマスクや社会的距離を保つよう要請してやり過ごすしかないでしょう。そんな想定を超えるような急拡大なのでしょうが、一気に夏にコロナ対策を解除してしまったツケが回ってきてしまった感じです。

ワクチンは希望者だけでもやれば65%は欧米は行くので残りの人は自己責任で感染してもらって構わないでしょう。感染拡大するという事は抗体が出来る人が多いという事ですから結果的に感染抑制につながります。ワクチン打っている人は重症化は防げますからある程度感染拡大を容認できるでしょう。もうこの路線で行く事を決めたのだから、今更の路線変更は困難でしょう。

もう腹をくくってロックダウンなどしないでマスクで凌ぐしかないでしょう。そのマスクも出来ないのが今の欧米の問題でしょう。サッカーばかり見てないでマスクをすればいいのにと欧米には言っておきましょう。