アフターコロナの世界、コロナ後の世界はどうなるのか

アフターコロナの世界、コロナ後の世界はどうなるのか

ワクチンが完了しても新型コロナは消えないどころか増々影響を広げそうである。一体コロナ後の世界はどうなるのだろうか?まず現在の状況は先進国ではワクチンが進んで一度は感染が少なくなったものの、デルタ株の拡大でコロナが巻き返しを図っている所である。

日本では高齢者のワクチンが完了近くで高齢者の死亡や重症者が減って来ている。緊急事態の慣れもあるが死者や重症者が減った事により、若者も近親者に感染しても重大な危険にならないという安心感もあり、活動が活発になっている事も感染者が激増している原因と見られている。

だからこれまでより感染者が増えても動じなくなっており、やはりオリンピックが堂々と行われている事により行動に免罪符が得られているように感じます。これはオリンピックの開催と緊急事態宣言が両立しない事の見事な現れと言うしかありません。

またこの先ワクチンが行き渡っても暗雲が立ち込めているようです。イスラエルでは国民の大体がワクチンを接種しているのにデルタ株で感染が再拡大を始めており3回目のワクチンを承認しました。これが世界の潮流になる可能性もあります。いずれにしても新型コロナを根絶する事は不可能なようです。

ワクチンが有効な期間や新たな変異株などコロナの動向も未知数の所もあり、どうなるか読めない所も多々あります。いずれにしても新たな感染症が一つ増えた事は確かであり、ずっと関わっていく事になりそうです。ワクチンや治療薬が進めば段々普通の病気になって行くかもしれません。

そしてまた新たな感染症が現れるでしょう。しかし今回の対応は新しい感染症に対して人類がドタバタ喜劇を演じたように情けないものだった。初期の段階では封じ込めに失敗し、検疫も機能しなかった。パンデミックの認定も遅過ぎて余りにも余りにも未知の感染症に対して無防備な事を露呈した。今回を教訓にして詳細なマニュアルを作成する事をWHOには求められる。