日本は医療体制の再構築を急げ

日本は医療体制の再構築を急げ

新型コロナによって露わになった日本の脆弱な医療体制は、これまで世界でも一番多い病床数を誇った医療を完膚なきに打ちのめされショックを隠せない事態に至った。数多い病床も殆どは感染症には使えない実態が露わになったのだ。

その為、日本は欧米の1/10のコロナ患者も受け入れられないという醜態が明らかになった。全く世界一の病床数の化けの皮が剥がれた瞬間である。幸いにも日本の国民の従順さからマスクや手洗いなどの徹底により感染症が抑えられ欧米ほどの感染爆発には至っていない。しかしその度に緊急事態が発出され医療体制は限界を幾度も試される事態になっている。

それも欧米の1/10の感染者数で、である。コロナでは医療体制の脆弱性と感染者数の抑制が運よくバランスしたのが日本の幸運でした。それもこれも日本医師会が開業医の為に進めたかかりつけ医の推進がアダになっているのである。日本では医者は独立して開業医を目指すのが中心になっています。それが一番収入を増やす方法だからです。また独立して主になれば誰に従う必要もなくなるので独立志向を強め、それを日本医師会が手助けして両者にウインウインの関係が成立しました。

しかしそれが日本の医療を歪めてしまった原因でした。無用に開業医ばかり増えて、小さな設備しかない個人医院ばかり増えてしまったのです。その上この開業医を守る為にこれ以上医者を増やさないよう医療系大学の増設も認めないようになったのです。そのひずみが大規模病院の不足です。開業医ばかり儲かる仕組みを整えて大病院はどこも赤字に陥りました。それが元で医療保険も赤字になります。

また開業医は国の管轄外なので今回の様な感染症でも患者受け入れを命令できませんでした。こうして大規模病院は数が減らされ個人医院ばかり増えて、いざ感染症の大流行で個人医院が受け入れないので病床数が極端に減ってしまったのです。これが今回のコロナ禍で起こった事です。

これからも感染症の流行は何回も起こるでしょう。第二第三の新型感染症が発生する可能性があります。今回は運が良かった所がありましたが、次回は欧米の様な感染爆発に見舞われないとも限りません。ですから日本の医療体制の再構築は待ったなしなのです。

国か管轄できる大規模病院を増やし開業医を減らさなければなりません。医療のリソースは限られているのだから両方を増やすわけには行きません。その場合感染症の大流行にも対応できるような体制の構築は必須です。感染症の患者が今回のコロナの10倍になっても耐えられるような体制が絶対必要です。日本政府はこの医療体制に本気になって取り組まないと日本の未来はありません。

これが秋にも予定されている衆議院の解散の選挙の一大争点にならなくては何がなるのでしょう。医療改革待ったなし。日本の医療を欧米並みの大量受け入れに耐えられるよう改革しなければなりません。それ以外の争点は考えられません。

コロナ禍で判明した日本の医療体制の問題点、『医療崩壊の真実』の著者に聞く