オリンピックはオワコンではないのか

オリンピックはオワコンではないのか

世界のスポーツは割と回復してきている感じです。単独のスポーツは順調に行われているようです。世界のスポーツはどんどん専門化してきており、総合的にまとめて行われる祭典的なものは必要無くなっている気もします。つまりスポーツ単体でも十分商業化が成り立ちペイできる状況です。そんな中、コロナ禍でより厳しいコロナ対策が求められるオリンピックの存在価値が問われています。

命か、五輪か 答えぬ首相 ツイッターで「国会騒然」トレンド入り

もうそういうやり方は時代遅れではないか。昔は陸上競技だけでは商業的に成り立たないから人気スポーツと一緒に行って人を呼び寄せる手法としてオリンピックが成立しましたが高度情報化の時代には単独でのスポーツで十分成り立っています。オリンピックも最近では立候補する都市が少なくなってきて、このままでは開催国がなくなる可能性も指摘されています。

そんな中で起きた新型コロナのパンデミックはオリンピックを考え直す絶好の機会となっています。その岐路にまさしく東京が立ち合っているのです。なぜ一年延期して、もう一年延期出来ないのか。次の開催が迫っているから不可能なのか。非常事態が起きたのだから2年遅れて次が2年後になって詰まっても特例として認められない理由が分かりません。

夏冬同時開催は全く問題ない。そもそも元々同時開催だったのだから。なんて硬直してしまった考えなのだろう。未曽有の災害が起きているのだから未曽有の解決方法が求められるのは言うまでもありません。そういう一から考える解決方法が長年の習慣で出来なくなっているとしたら人類の滅亡も近いのではないのか。

オリンピックなんてもうやらなくても良いのではないのか。もっとスポーツは新しいやり方があるのではないのか。そういう視点で見てみると今のIOCがいかに横暴で上から目線なのかが見えてくると思います。一体何の為のオリンピックなのか。そこの所の視点が全く抜け落ちて開催ありきの論点で突き進んでいるのが今の現状ではないでしょうか。