トランプ登場は米国に必要な事だったのかもしれない

トランプ登場は米国に必要な事だったのかもしれない

トランプの登場は米国に必要だったのかもしれません。トランプ政権によって変わった事は沢山あります。HUAWEI製品が事実上消えました。北朝鮮の直接対話を実現した。中国の危険性を世界に目覚めさせた。新型コロナを事実上放任した。不法移民を減少させた。株式市場が高止まりした、などなど。

これまでの一貫性のあった米国に、このままで本当に良いのかと疑問を呈する形となったのです。結果的には対立を煽る事になってしまいましたが、中国の暴走を止めようとする機運が高まりました。

これまでのやり方では行き詰まっていた事に突破口が切り開かれた部分もあったように見られます。これをトランプ氏ほど大胆に出来た人は今までいなかったように思います。やはり世界の環境が大きく変わる中でエポックメーキングな出来事だったと思います。

トランプは出るべくして現れたサインだったのかもしれません。だから4年で丁度良かったとも言えます。米国の方向性を修正するべく現れた御使いなのかもしれません。使命が終わったトランプは召還されたのでしょう。

そう考えれば、この4年間も無駄では無かったと前向きに考えられます。米国が次のステップに進むべき必要悪だったのだと。今後の4年間が実り多い事を願います。

アメリカ議会上院 民主党が正式に主導権を奪還