年末年始の感染者が急増した事についての考察

年末年始の感染者が急増した事についての考察

これは新型コロナが感受性が極めて高いという事です。つまり人々の行動に大きく影響されるという意味です。これは大変怖い事でもありますが、希望でもあります。つまり人々の行動を変えれば感染状況を変化させる事が出来るという事も意味します。

年末の急増は忘年会が多かったことの結果でしょうか。東京都の1/7の2447人の過去最高を記録した14日前はクリスマスイブの12/24でした。今でもイブ泊まりなんて有るのでしょうか?なんて分かり易いのでしょうか。新型コロナは正直者です。接触が増えれば必ず感染者が増えるのです。

だとすると12/31の大晦日で少なからず人出があったのですから、明日1/14はそれなりの感染者を覚悟しなければなりません。再び2000人超えは間違いないでしょう。このように行動した結果が必ず結び付きます。

しかし、これは行動を変えれば必ず感染者を減少させる事が出来るという事です。緊急事態宣言も出されて、人出は減少しているものの、減少幅が小さいとして警戒を強めています。夜8時以降外出しなければ良いというメッセージになっているようです。

これは菅首相が緊急事態宣言の時に夜8時以降は外出自粛をお願いしますと3回も言ったとも云われており、致し方ない所もあります。

昼間は不要不急の外出自粛、夜8時以降は極力外出自粛というのが本当だったようです。人の行動が変われば敏感な新型コロナは直ぐに反応します。極力外に出なければ直ぐに感染者は減るでしょう。今は徹底して感染を押さえ込んで行かなければなりません。

コロナ死者急増、直近1カ月に4割集中 トリアージ開始