政権崩壊の危機、go toトラベルは政府判断の声多数

政権崩壊の危機、go toトラベルは政府判断の声多数

go toトラベルの是非を巡って国が判断すべきとの声が多数を占めてる(Yahoo!コメント参照)

Go To一時停止は「国が判断すべき」 小池都知事「『出』と『入り』止める必要ある」(THE PAGE)

コメント覧では理は小池都知事に有り、菅首相が決断すべきとの声が圧倒的だ。早くも誕生したばかりの政権に危機が訪れた。

元はと言えば夏のコロナ感染がまだ下がりきらない段階で強引に国主導でスタートしたgo toトラベル。しかし東京都の感染者が多過ぎて、当時の菅官房長官から感染増は東京問題と言わしめ禍根を残した。結局除外で始まったgo toトラベルで小池都知事は何も聞いていませんと言い切った。

こういう経緯ですから、始めたのも除外したのも国なのだから、中止の判断も国で行って下さいと小池都知事は言ってる訳です。これにYahoo!のコメントでは、その通りとの声多数、このままでは菅首相の求心力も喪われそうな事態です。

医療機関の逼迫も限界に来ている中、その声はますます政府の責任を求めるものとなっています。特にこれまで余り多く見られてはなかった茨城県の一部の市で外出自粛が出て、遂にここまで来たかとの思いが強くなりました。

この様な動きが全国で広まると、もう収拾がつかなくなります。もちろん意地を張ったように見える小池都知事も無傷ではいられないでしょう。理も大事ですが非常事態に拘る事ではありません。何よりも人命最優先で動いてもらいたい。土曜日は先週、東京で過去最多の感染者を更新しました。今日は何人になるかも非常に注目です。