やっぱり政府はマーケティングが出来てない

やっぱり政府はマーケティングが出来てない

このような結果になることを十分承知していながら、止むに止まれぬ気持ちからgo toに踏み切りました。 酷なようですが、分科会で方向性が決まって特例を出すわけにはいかないので、止むに止まれぬ処置です。 ご迷惑をおかけしますが止むに止まれぬ事情により当分の間go toを中止します。

なかなか言い得て妙、止むに止まれずで検索した例文に当てはめたらピッタリだ。しかし、政府はマーケティングが下手。この機会に一旦中止して、よりパワーアップして再開すると発表すれば良いのに。

居酒屋「もう駄目かも」、旅行会社「ショック」…GoTo見直しに懸念と困惑

名前も変えて、コロナ感染対策支援キャンペーンと銘打ってコロナ感染防止である事を意識させながら利用させましょう。利用目的の制限は無し。人数は4人以下。まずは三週間中止して、感染拡大を止めましょう。そして感染対策を強化して再開すれば良いのです。

こうしたメリハリの利いた対策が出来ないから批判されるのです。また従来の産業ばかりでなく、このコロナ禍だから出来るオンラインの利用も推奨されるべきです。既存の産業を守るばかりでなく、新しい産業を育てるキャンペーンでもあって欲しいです。

フランスではネットで注文してお店に取りに行くという個人商店を支援する施策も始めています。もっとコロナ対策にもなる支援事業というのも始めるべきです。ただ止めるというだけでなく、中断後、新規発展してスタートするというメッセージを出せれば、失敗というイメージから離れ新しい挑戦というイメージを持たせる事が出来るのです。

政権にはそういったブレーンも居ないのか。一体何時の時代の政治をやっているのか。もう時代は21世紀なのに何時までも20世紀の政治をやってるから国民から呆れられるのです。早く21世紀に相応しい政権が誕生してくれる事を切に願います。