Googleが512人が死ぬと予測、28日後日本で

Googleが512人が死ぬと予測、28日後日本で

Googleが提供を始めた新型コロナウイルスの感染予測で今後28日間で死者数、感染者数とも倍増を予測しました。これは日本社会にとっても衝撃的な事では無いでしょうか?政府から圧力をかけられて公開中止になったりしないかと心配してしまいます。

グーグル、コロナ感染予測を日本でも公表 今後28日間

グーグルが公表した「新型コロナウイルスの感染予測」では、11月15日~12月12日の28日間で、日本では死亡者が512人、陽性者が5万3321人と予想。厚生労働省では、日本国内の直近28日間(10月20日から11月16日)の死亡者は229人、陽性者は2万6094人。グーグルは今後、感染拡大のペースが上がると予測。

これはちょっと衝撃的な予測では無いでしょうか。直近28日間の死者数229人の倍以上の512人がこれから28日間で死ぬと予測しているのです。感染者も倍以上の5万3321人です。GoogleのAIの精度がどの位当たるのか非常に注目です。

逆に余りにも実際とかけ離れているとGoogleの信頼も大きく損なわれるでしょう。このニュース余りテレビでは取り上げられて無いところがミソですね。ネットでは各新聞社も取り上げられ拡散してますが、どう各自の中で認識されるのか。

国交省の大臣がgo toイートは止めないと断言しましたが512人はお国の為に死ねという事でしょうか。まぁこれもGoogleの予測の精度に関わってきますが。

またGoogleの精神も垣間見られます。こんな予測を他の日本企業が出せる筈も無く、出したら大きな批判を浴びるでしょう。こんな所もGoogleが日本に生まれなかった理由です。

日本のような回りと衝突しない精神では企業は成長しない。勝ち取って行く戦いの文化で拡大していくのが欧米の企業戦略です。今回の感染予測サイトもその片鱗が垣間見られます。

取り敢えず今後28日間、Googleの予測の精度が吟味される事になります。当たるか外れるか。かなりの精度で当たるなら今後の感染予測に大いに活用されることになるのは間違いありません。