新型コロナで死亡率低下の初めての治療薬見つかる

新型コロナで死亡率低下の初めての治療薬見つかる

新型コロナの治療薬として初めて死亡率が下がった研究結果が発表されました。人工呼吸器を付けた重症患者での場合ですが少しでも死者を減らすなら朗報です。

抗炎症薬「デキサメタゾン」 “新型コロナ死亡率低下” 英大学

一方、酸素供給を行わなかった軽症者では効果は確認されなかったという事です。主に重症患者向けになりますが確かならば一歩前進です。

研究チームは「この薬は普通の病院や薬局で手に入り、非常に安い点が重要だ。世界ですぐに使うことができる」と述べています。これから拡大が予想される途上国でもアクセスが容易なのでこれからの使用が期待出来ます。

イギリス政府が「デキサメタゾン」を新型コロナウイルスの治療薬として、緊急で承認しましたので、日本でも特例として緊急承認されるかもしれません。