元には戻らない米国、トランプ帝国の逆襲

元には戻らない米国、トランプ帝国の逆襲

バイデンが勝って米国が正常化すると期待する向きも多いですが、もう米国は元の様には戻らないでしょう。トランプは未だに負けを認めず、支持者達はトランプが大統領だとデモをしています。

日本人が知らない「アメリカ人の半数がいまだトランプに熱狂する理由」(現代ビジネス)
#Yahooニュース

もはや、これまでの米国のイメージ、世界の警察として世界各国に軍を派遣して紛争を収めたり、世界のリーダーとして各国をまとめるのは過去のものとなっています。

オバマ大統領はそんなアメリカの実情にあってない旧態依然のアメリカのイメージのまま虚像のアメリカの代表で中身の伴わない形式だけの大統領でした。その反動でトランプが誕生したと言っても過言ではありません。

バイデンがオバマの政策を継続したなら大変です。中国は益々勝手な振る舞いをするでしょう。もはや逆戻りなんて有り得ないのです。アメリカは二分されトランプ帝国と合衆国に分裂するでしょう。

米国の本質は、俺達は自由に生きる。誰も口出し無用、国さえも各自の生き方に口出し出来ない。マスクも自己責任、誰も強制させないです。だから民主党の国家主義的政策は反発が強く今回も圧勝出来ませんでした。共和党やトランプが根強い人気を保っています。

ワクチンが出来てコロナ禍が収まれば、トランプ待望論がぶり返し、バイデンは苦境に陥るでしょう。バイデンはコロナ禍のお陰で勝ったようなものです。だからその人気は長続きしません。

これからの四年間、トランプはずっと現政権を批判し虎視眈々と次の政権を狙うでしょう。ずっと不安定なアメリカが続く事になります。既に新たなメディアを立ち上げようとしているトランプですから、暫く米国から目が離せない事になりそうです。