go to キャンペーンは時代遅れの施策

go to キャンペーンは時代遅れの施策

コロナで落ち込んだ景気対策として各種 go to キャンペーンが始まっていますが、その仕組みが旧世代の中抜き業者利益分配型なので実際の商店や店舗に恩恵が行き届かない事が問題になっています。

「Go To イートは本末転倒」手数料に苦しむ飲食店 恩恵は予約サイトだけ

旅行でも代理店を通した旅行でないと割引が受けられなかったりして、個人旅行が中心になっている昨今の消費行動に合ってない所が見られます。

飲食店でもわざわざ予約サイトで予約しないとキャンペーンの恩恵を受けられないし、ポイントもその予約サイトのポイントしか使えないし、次回しかポイントが使えないのも使い勝手が悪い。やはりその場で割引が受けられないと人が集まらないと思います。

最終的に個人が割引を受けられれば消費行動に繋がり、お店も予約サイトも代理店も潤う訳ですから、制度設計が悪すぎると思います。この時期に割引サービスをすれば国がそれを補填するような感じにしたりとか、やりようがあると思います。

折角のキャンペーンなので誰もがハッピーになれる政策になるべきです。お店が手数料を引かれながら予約サイトに登録しなければキャンペーンの恩恵を受けられないような仕組みは改めるべきです。