日本の国の仕組みに世界が注目しているかも

日本の国の仕組みに世界が注目しているかも

コロナの再流行で世界で再規制が始まっていますが、多くの国で市民の反発が起きています。この中で改めて日本の国のシステムに注目が集まりそうです。日本ではご存知の様に国民に何かを強制する事は非常に制限があり、コロナ対応でも強制出来ない事が問題とされました。

コロナ「第2波」に欧州苦悩 経済復興途上、再規制に市民反発(産経新聞)
#Yahooニュース

しかし、この事が海外では国からの強制に個人の自由の侵害だと反発やデモ等が起こっています。そういう意味では日本の憲法は世界でも稀に見る個人の自由が最高度に保証された国と言えるでしょう。

勿論これが単純に良いとは言えないのは、コロナの対応で全く強制させる事が出来なくて法改正が求められている事態となっています。しかし、海外の状況を見ると話はそう簡単では無いようです。

海外では戦争以外で個人の自由を規制するのは、行き過ぎとして反発があるのです。これは感染症の対応としては非常に難しい問題でしょう。つまり、感染症の強さによって強制度合いも変わるからです。

指定感染症は種類によって予め対応が決められていますが、突然発生した新種の感染症では、その毒性も分からず、取り敢えず既存のカテゴリーのどこかに入れるしかありません。それが実情に合ってないと、色々不都合が起こってきます。

しかし、新型コロナでは昨日、死者が全世界で100万人を超えましたので、そんなに軽い感染症とは言えないと思います。これをどう捉えるかによって自由と強制の兼ね合いが決まると思います。

また、このコロナでは国によっても被害状況が異なるので一概に全世界で決められるものでもありません。だからといって中国のように強制力を発揮すれば良いと言うものでは無いでしょう。

新型コロナは世界の状況と日本の憲法のあり方にも深く考えさせる問題を提供したと言えるでしょう。