マスクが感染だけでなく重症化も防ぐ研究結果

マスクが感染だけでなく重症化も防ぐ研究結果

マスクが感染予防だけでなく、重症化も防ぐかもしれないという研究結果が出ています。これはまだ仮説の段階ですが、日本の状況はまさにこの状況を表しているように見えます。米国で死者が沢山出ているのもマスクをしないからとも言えます。

マスクが新型コロナの重症化を防ぐ、という仮説

特にマスクをする事で無症状者が増えるというのは、世界的にも軽症化、死亡率の低下と相まって説得力があります。これはコロナが弱毒化したという説より信頼性が高そうです。

マスクする事でウイルスを浴びる量が減って、重症化も防げるとなれば、感染予防と合わさって一石二鳥の効果が有ることになります。またマスク否定派に対してもより説得力がまし、重症化防ぐならしても良いという人が増えそうです。

また、マスクする事で、無症状感染する事で、よりコロナに罹らない免疫反応も期待出来るかもしれません。マスク最高じゃないですか。やはり日本のコロナが比較的抑えられている状況や死亡率が低いのは、コロナが流行る前からマスク着用率が高かったせいという事が実証されそうです。

マスクする事で、丁度いい具合にウイルス濃度が低くなり重症化しない程度にコロナに罹るなら、集団免疫も同時に達成出来るかも知れないので、一石三鳥なのかもしれません。余りそこまで持ち上げてしまうのもアレですが、欧米のマスク嫌いもいい加減目覚めて欲しいものです。