東京都が1週間前より感染者が増え再拡大警戒

東京都が1週間前より感染者が増え再拡大警戒

東京都の新規感染者数が一週間合計で前週より増加した。ゆっくりとだが、減少傾向にあったが、ここに来て再び要警戒レベルになったかも知れない。Go to トラベルも当初10/1から開始とアナウンスされたが分科会では月末までの感染状況を見極め判断したいとトーンダウンした。

Go To 東京発着加える方針で感染状況など見極め準備 政府

減少傾向にあった東京都だが、感染者数は今週に入って一進一退で昨日は226人と跳ね上がった。10日の276人と今週2度目の200人超えである。これで週間合計も先週を超えて再拡大の様相を示している。縮小傾向が続くのか正念場である。

東京都では先日感染状況を一段階引き下げだばかりである。15日からは飲食店に要請していた時短営業も解除が決定している。既に社会は感染縮小に前のめりで解除や緩和が続々発表されており、東京都の感染状況を厳しく注視している所だ。

しかし社会的観念は、もう経済再開に向けてエンジンが回り始めている感じだ。もうコロナに罹ってもある程度仕方ない空気が醸し出されているようだ。罹っても殆どが軽症で、死亡率も大幅に下がっていることを受けて再開に邁進していくムードです。

勿論、高齢者は無症状でもいきなり死亡する事例が出るなど予断が許さない状況もあり、発症していても異常に気付かない事が結構有るらしい。幸福な低酸素症とも呼ばれており注意が必要だ。

社会もコロナに慣れてきた事もあり、withコロナがますます加速しそうな感じです。どれだけコロナを容認して社会を回していけるかを模索していく状態がしばらく続いていきそうです。