菅さんは繋ぎか、1年限りの短命政権になる可能性

菅さんは繋ぎか、1年限りの短命政権になる可能性

菅官房長官が次の総理になりそうです。令和おじさんでいきなり注目を浴びましたが、まさか首相になる日がこんなに早く来るとは本人も思っていなかったのでは無いでしょうか。

菅氏、党内に待望論「政策継続を」 岸田・石破氏も動く(朝日新聞デジタル)

それにしても政策継続出来るのは菅氏しかいないという事ですが、安倍政権は直近の支持率で34%まで低下していたので、政策を継続する意味が判りません。それとも政策でなく安倍さん個人が嫌われていたと判断したのでしょうか?

ここまで人気が落ちた政権の継続性を期待するのも分かりませんが、結局これまでの政策は安倍さんの政策ではなく、自民党総意の政策だったと言う事でしょうか。それでは菅政権は自民党から支持されても国民から支持されないのではないのかという危惧は自民党には無いのでしょうか。

菅さんは裏では色々糸を引いていると、云われていますが、国民にアピールするようなメッセージ性を持っているとは思えません。これで本当に政権が持つのか疑問です。

今回、また派閥政治が復活だという声もありますが、こうやって調整して選ばれた代表というのは担ぎ上げられた印象ですので、派閥の意向に反して政策を決める事は出来ません。これで何かオリジナル性が出せる政権になるとは思えません。

今回は緊急時の臨時体制だから、取り敢えず1年間持てば良いと考えての政権なのかと邪推してしまいます。まぁ、やらせてみて、様子を見るという事もあるかもしれません。本当に首相の器があるなら、自分で延長出来る力があるだろうと。それにはこの一年で安定した政権運営が出来るかどうかが問われます。

コロナ対策を始め、外交問題も余談を許さない状況で、とても大変な時期の首相になるのに本当に大丈夫なのか不安が一杯なのですが、気のせいでしょうか?

安倍後継は「石破」つぶしの「菅」コロナ対策政権