コロナのピークは過ぎたが、有名人やクラスター発生相次ぐ

コロナのピークは過ぎたが、有名人やクラスター発生相次ぐ

コロナのピークは過ぎたと云われているが、芸能界や有名人の感染や、クラスターの発生が相次いでいる。これはピーク時の感染が今になって現れているのかも知れない。

千葉でgo toキャンペーン対象旅館で、山口の夜の繁華街で、船橋競馬場で相次いでクラスターが発生しています。芸能人やスポーツ界でも感染が次々と報告されています。まだまだ安心出来ない印象です。

既にピークを過ぎたの報道に早速、夜の繁華街の人出が増えたというニュースもありました。コロナ慣れとも云われますが、まだまだ偏見やいじめが問題になっています。これもコロナが指定感染症に指定されている重い感染症というイメージが付いてしまったからでしょう。

この指定感染症から外したり、レベルを変える事が検討されています。コロナが風邪というと、死人が沢山出ているのに馬鹿な事言うなと云われますが、風邪だったらこんな風評被害は起こりません。そういう意味ではコロナは風邪というキャッチフレーズも悪くはありません。

変更を伴うのはどういう影響が出るか判らないので慎重になりますが、若者がピンピンしながらホテルの療養所で脱走を試みたり、我が儘を言ったりしている現状を見ると、どうにかならないものかと思ってしまいます。

例えば高齢者や基礎疾患がある人が重症化する事が分かっていますから、そういう方だけ指定感染症に指定する条件付きにするのも、前代未聞かも知れませんが、必要な時代なのかもしれません。

いいことずくめの新型コロナ「指定感染症解除」に、厚労省が後ろ向きなワケ