UberやUber EATSという新しい働き方は存在悪なのか

UberやUber EATSという新しい働き方は存在悪なのか

UberやUber EATSの社会での在り方が問題視されている。しかしこのコロナ禍も相俟ってUber EATSは利用者を伸ばしている。これは最近の交通ルールを守らないニュースが日課になっている程の逆風の中では驚くべき事である。

ウーバー「差し止め命令」に米市長ら反発、住民に不利益と主張

なぜそんなに支持があるのか。まず、世の中にはUber EATSアレルギーがあります。今までの日本の社会に無かった物を激しく拒絶する拒否反応です。あんな何処の誰が運ぶか分からない食べ物を喰えるかという拒否反応。届いたら食べ物がグチャグチャだった。今までの出前と品質を比較されます。様々なネガティブ要素があります。

交通違反をするUber EATSは最早定番のコンテンツになりつつあります。これも日本社会に参入する試金石なのでしょう。反Uber EATSキャンペーンがテレビ局を先導して進められてると言っても過言ではありません。

ここまでの拒否反応があって、何故好調なのでしょうか。それは働く側の事情もあります。UberやUber EATSは会社ですが、配達人を直接雇用している訳ではありません。Uberなどはプラットフォーム産業として側を作って運用する会社です。あくまでシステムを構築して運用しているイメージです。

レストランがある。家で食べたい人がいる。運びたい人がいる。この3者をITで結びつけてマッチングするだけがUber EATSの仕事です。この3者を結びつけて皆をハッピーにするのがUber EATSの役目です。

そこに従来の労働者という観点を持ち込むとシステムが成立しなくなります。これ食べものだからセンスティブになりますが、荷物だったらそこまでシビアに考えないかも知れません。

今は宅配便は専用業者が行いますがUber宅配便も考えられます。手で持てる荷物を通勤途中の駅に届けるだけでお小遣いが貰えるとしたらラッキーなのでは?ついででお金が発生するならやらない選択はないみたいな。

そういう隙間を狙った産業なのです。ですからこれを本業としてしまうと、色々問題が出て来てしまいます。しかし現実問題として本業になりつつある人も出てくるとは思います。この辺の整合性がまだまだ取れてない印象です。

兎に角フリーで仕事していて暫く仕事がない、ポッカリ時間が空いてしまった人には絶好の臨時収入になります。そういう人が今は増えているのもUber EATSが支持される要因です。

こういうプラットフォーム産業はまだまだ増えて行くでしょう。Airbnbなどの民間宿泊業。仕組みを作ってITでマッチングさせて泊めたい人と泊まりたい人をマッチングさせる。

プラットフォーム産業と言えばアマゾンが走りですが、マッチングでは無かったです。それを民間のマッチングで仕事を生み出したのがこのUberやAirbnbの目の付け所です。

まだまだ社会との摩擦が大きいですが、これからの一大産業になるのは世界を見ても明らかです。日本は拒否反応ばかりしていると、また世界から取り残されてしまいます。

ウーバーイーツ配達員が「マクドナルド」に群がるワケ