トランプ大統領を応援してしまう中国と米国の関係

トランプ大統領を応援してしまう中国と米国の関係

今度はTikTok問題で米中対立が起こっていますが、経済的影響は小さそうだ。上手い所に目を付けたなという感じだろうか。しかしこの米中対立が激しくなる程、実はトランプ大統領に有利になるという構図になっている。この所黒人問題やコロナ対策で人気低下していたトランプ大統領には起死回生の一打と言った所だろうか。

中国、米国へのTikTok事業売却を「公開強盗」と非難。対抗措置も?

この所はポンペオ国務長官も応援して中国との対決姿勢を強めた。つまりこれまでの中国政策は間違いで民主党が進めてきた政策も間違いだったとし、共和党への流れを呼び込みトランプへの流れに持ち込みたい考えである。

米の歴代対中政策「失敗だった」 ポンペオ国務長官

トランプは人気を保つ為に何度も中国問題を浮上させその度に人気を上げてきた。だから今回も人気低下のカンフル剤として中国問題を出してきた何時ものカードに過ぎない。

また中国にとっても米国という敵が国外にいてくれる事は重要である。国内問題から目を逸らし関心を米国だけに向けさせる事が出来るからだ。

つまりトランプ大統領にとっても習主席にとっても今の対立関係は自分の権力維持にとって無くてはならないものとなっている。つまり米中関係は相思相愛なのである。このままいくとトランプ大統領の再選も現実味を帯びて来たようだ。